炭水化物 断食ダイエット

断食ダイエットのことを解説しているサイトです。低カロリー食品へ関心がある方、もっと知りたい方へおすすめのサイトです。

ダイエットと炭水化物について

炭水化物 断食ダイエット

効率的なダイエットをするためには、炭水化物は避けた方がいいと考えられているようです。
それは、炭水化物や糖分は太ると考えられているためです。
私たちの体は食物が体内に入ると栄養素が蓄えられるのですが、余ったエネルギーは脂肪細胞に蓄積されてしまいます。
体の中にあるインシュリンという物質が、エネルギーを脂肪にする働きを担っています。
インシュリンは血糖値が上がると分泌されるホルモンです。
血糖値が上がれば上がるほどインシュリンが大量に出るので太ってしまうのです。
血糖値は肉を食べたときよりも、炭水化物を摂ったときのほうが急上昇するといわれています。
血糖値の変動は、脂質の場合はさほどでもありません。
ダイエットを成功させるためには炭水化物に用心しなければならないのは、炭水化物が糖になるためです。
炭水化物といえば、ご飯やパン、うどんなどがあげられます。
炭水化物は毎日の主食となるものですので、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いものです。
ダイエットをやり遂げるには、炭水化物を摂りすぎないようにすることです。
ほどほどの量にしなければ、体重を減らすことができないでしょう。
炭水化物を控えることによってダイエットする方法である炭水化物ダイエットも人気のダイエットのひとつです。
食事全体のカロリーにしばられることのない炭水化物ダイエットを実践する事で、ダイエットに成功している人も大勢います。

低炭水化物でダイエットをする方法

炭水化物 断食ダイエット

炭水化物を摂らない食事をすることで手軽に痩せるという低炭水化物ダイエットをする人がふえています。
では、どのようなことをすると低炭水化物ダイエットが成功するのでしょう。
通常1日に摂取する炭水化物の量は200〜300gですが、20〜40gへと極端に減らします。
食事から炭水化物を摂取しなくなることで脂肪がふえにくくなり、体重の増加が予防できます。
第1段階として炭水化物を1日20gに制限します。
2週間続けることで、体内に残っている炭水化物エネルギーがすべて消費されます。
第2段階に入ったら、炭水化物の摂取量を少しずつ増やしていきます。
体重を確認しながら炭水化物の食べる量を多くしていって、体重が増えるポイントを調べます。
野菜やきのこ類を食べながら、炭水化物の量を多くしていくことが大事です。
炭水化物が多いうどんやパンは、始めの頃はメニューに組み入れないようにします。
肉や魚、卵は摂取しても大丈夫です。
チーズなどの炭水化物が少ない乳製品も食べて良いそうです。
体重が目標数値まで減ったら、目標の数字をキープし続けることができる程度に食事量を調節します。
飲み物には糖分やカフェインは厳禁です。
体重が増加しないようにする為には、白米や砂糖を使ったお菓子などは厳禁です。
炭水化物のダイエットをする場合には水分をたっぷりと摂り栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

炭水化物ダイエットの注意点

低炭水化物ダイエットとは、食事メニューの中から炭水化物を減らすというものです。
炭水化物ダイエットを成功させるための注意点には何があるでしょう。
体脂肪を燃焼させてエネルギーとして使うのが低炭水化物ダイエットの特徴ですが、代謝産物としてケトンが増加します。
ケトンの作用で、精神的にいらいらしたり、不整脈が出ることがあるようです。
まめに水分を摂取してケトンを外に排出することが、炭水化物ダイエットでは重要になります。
炭水化物は脳の栄養素となるものですので、摂取量を減らして極端にカットした場合、脳の動きが鈍くなることもあります。
体内に十分に炭水化物がない場合、pHバランスが乱れて血液が酸性寄りになったり、糖の生成活動が必要になるため肝臓の機能をめいっぱい使うことにもなります。
呼吸が激しくなる症状や、昏睡や失神の症状などで、炭水化物の欠乏で引き起こされることもあります。
炭水化物ダイエットの場合は、炭水化物をカットして肉をたくさん食べるようになるので、コレステロールの高い人や日本人には向いていないという意見もあります。
日本食は白米を主食とすることが多いため、アメリカで考案された炭水化物ダイエットが適切ではないという話もあります。
炭水化物ダイエットは、ダイエット効果が出るのが早い分、リスクも伴うようです。
自分の体質に合っているのかどうかを見極めることが、炭水化物ダイエットに取り組むポイントだと言えます。

摂取カロリーを減らすダイエット方法

基本的なダイエットの方法は、摂取カロリーの量を消費カロリーよりも減らすということです。
不足分が体内に蓄積されていた脂肪で補てんされるのは、食事から摂取するカロリーが、体が1日に消費するカロリーより少ないという場合です。
体脂肪を減らしていくことが可能なのです。
摂取カロリーを減らすダイエット方法のうち、極端なものが置き換えダイエットです。
3食の食事のうち1食あるいは2食で、カロリーの少ないヘルシーなヨーグルトやりんご、キャベツなどといった食材を代わりに食べるというものです。
あまりにもカロリー制限をしすぎる傾向があるのが、置き換えダイエットという方法です。
ダイエット効率もリバウンドの要因になりますのでよくありませんし、いきなりカロリー制限をするのは健康にもデメリットがあります。
カロリーを1日の食事で減らす場合には、カロリー量を1日にどのくらい摂取するかをはじめに決定しておかなければなりません。
実行段階においては、現在の食事をどのくらい減らすかを考えましょう。
あくまで現在の食事量をベースに考えた方が計画も立てやすくなります。
だんだんと暴飲暴食を抑えた食習慣をキープすることが、今よりたくさん食べないことが根本になりますので、できるようになるのです。
ダイエットには、詳細な記録とまでいかずとも、だいたいのその日の食事を記録し、摂取したカロリーを意識することも有効だといえます。

消費カロリーを増やすダイエット方法

健康的にダイエットをするためには、消費カロリーを増加させることがおすすめです。
最もよく行われている消費カロリーを多くするための方法は運動だといえるでしょう。
カロリーをカットするだけではなく、運動によって体を引き締め、スタイルも良くなるので美容にも効果的です。
健康のためにダイエットをしている人も、きれいになりたくてダイエットをしている人も、運動によるカロリー消費アップはとても有意義です。
食事を減らすだけで体重を減らそうとしても、脂肪と一緒に筋肉も衰え、たるんだ体型になってしまいます。
筋トレ、エクササイズ、有酸素運動など、運動の中身はいろいろ選べます。
ダイエットが自分なりの運動メニューをつくって、ラクに継続できるようにすることで順調にすすむでしょう。
以前は有酸素運動については、運動をある程度長い時間しなければ効果がないというのが一般的でした。
近ごろ言われるようになったのが、10分程度でも十分に効果的だということです。
時間のやりくりをしながら、無理なく続けられる運動でカロリーを消費していきましょう。
あえて運動をするのではなく、日々の生活を少し不便にすることで消費カロリーを増やすという方法もあります。
車ではなく自転車を使う、ショッピングに行く時に徒歩で出かけるなど、大切なのは習慣を変えることです。
効果的なカロリーコントロール方法として、ダイエット時のプラスになるでしょう。


PAGE TOP

断食ダイエットのことを解説しているサイトです。低カロリー食品へ関心がある方、もっと知りたい方へおすすめのサイトです。
Copyright (C) 2018 断食ダイエットがこんなに簡単だとは知らなかった! All Rights Reserved.