断食 断食ダイエット

断食ダイエットについての情報が満載です。痩せられる秘密のことを関心のある方に、うれしい知識を配信します。

断食によるリバウンドの原因について

断食 断食ダイエット

カロリーを全く摂らずにいると、体重は減少するでしょうが、身体に負担が大きく、リバウンドのリスクも高まります。
せっかくつらいダイエットによって体重が減ったとしても、リバウンドして元に戻ってしまうととても残念です。
食事の摂取量を減らし過ぎると、身体維持に必要な栄養が供給されなくなって、身体は飢餓状態に陥ってしまいます。
補給される食事の量が少なくなっても、栄養不足で身体トラブルが起きることがないように、代謝の低い体にするわけです。
体を動かすための筋肉は、食事の分量が減ると、減少していきます。
消費エネルギーが減った状態のままで、断食を終えて食事を以前の内容のものに戻すと、摂取量が多くなり過ぎてしまいます。
ダイエット中の食事制限で代謝が低下しているために、食事量をすぐに戻すと、カロリーが使い切れずに残ってしまうというわけです。
余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまう為、結果的に断食をする前と比べて、体重が増えてしまう事も有るのです。
食事制限後にリバウンドをする原因がこれに相当します。
ダイエットをした後にリバウンドのリスクがあるのは、食事の量を減らしたことで減った体重が、食事の量を戻したことで増えるからです。
ダイエットを開始し、食事制限をスタートさせた場合、リバウンドしやすい体の状態は、大体1カ月は変わらないようです。
リバウンドを防ぐ為には、断食終了後に急に元の食生活に戻すのではなく、徐々に摂取量を増やしていくことが必要です。

糖質制限によるダイエットとリバウンドの原因について

断食 断食ダイエット

最近は、糖質制限ダイエットをする人が増加しています。
糖質制限ダイエットをする時には、気をつけたいことがあります。
糖質を完全に0にしてしまうと、リバウンドのリスクが高くなることは知っておきましょう。
糖質制限ダイエットは、短いダイエット期間で、効果的な痩身を行うことができますので、大勢の人が実際に行っています。
限られた期間の間での減量効果が期待できますが、リバウンドの原因にもなりますので要注意です。
誤った方法での糖質制限をしていると、ダイエットになるはずが、リバウンドが起きて今まで以上に太ってしまうこともあります。
ダイエットを終わらせたい期日が間近に迫っているなら、糖質制限は有効な方法ですが、長期的に体にいいダイエットをするのは大変です。
糖質制限によるダイエットは、身体の代謝機能が滞りやすくなって、リバウンドが起きやすくなってしまいます。
糖質は、身体を動かすための大事なエネルギーです。
そのため、糖質の摂取量を減らすと身体を動かすためのエネルギーが枯渇して、代謝の低い体になることがあります。
基礎代謝が低下すると、ダイエットに取り組む前よりも体脂肪の燃焼効率が悪い体になってしまいますので、使い切れないカロリーが脂肪になりやすい体になってしまうでしょう。
もしも、ダイエット後のリバウンドを事前に予防しておきたいならば、糖質制限をする一方で、基礎代謝の向上を目指して体を動かしておくことをおすすめします。
ただ体重を減らすことだけを目標とするのではなく、健康や、美容に配慮した、リバウンドのリスクが少ないダイエット方法を選びましょう。
健康を意識しながらダイエットをする場合、食事量を見直し摂取カロリーを減らすだけでなく、運動で消費カロリーを増やすことも心がけましょう。

リバウンドの原因と筋肉量について

ダイエットに取り組んだけれど、リバウンドをしたため減った分が再び増えたという体験談があります。
リバウンドの原因を正しく認識することで、リバウンドが起きにくいダイエットをすることができます。
筋肉は、ダイエットとは関わりがない部位のようにも見えますが、リバウンドは体についた筋肉量に影響されます。
食事で体内に得られるカロリーが不足すると、生きていくために必要なカロリーは、体脂肪を代謝して得ることになります。
身体に蓄積されている脂肪をエネルギーとして使ってしまえば、減った脂肪の分だけダイエットをすることができます。
もしも、体内に留められている脂肪を燃やさないと生命維持のエネルギーが確保できない状態になった時には、筋肉も消費されます。
筋肉量と、基礎代謝の量は、深い関わりを持っています。
筋肉が多い体ほど基礎代謝が高く、筋肉が少なくなれば、基礎代謝の低い体になるわけです。
ダイエットの効率が低下する要因として、筋肉が減ったことで基礎代謝の低い体になり、脂肪が燃えにくくなることがあります。
筋肉が少なくなり、基礎代謝が下がっている時に、ダイエット前の食事内容に戻してしまうと、以前ほど多くのカロリーを使っていないために、脂肪が増えやすくなり、リバウンドします。
リバウンドの原因に、ダイエットをすると筋肉が減って基礎代謝が下がることがあるならば、筋肉を減らさずにダイエットをすればいいわけです。
カロリー制限をしつつ、運動量を増やして筋肉の多い体をつくることで、ダイエットが終わってからもリバウンドがしづらい体質になれるでしょう。
減らした体重を一過性のものにしないために、リバウンドの原因である筋肉低下を運動によって予防し、基礎代謝が下がりすぎないように心がけながらダイエットをしましょう。

リバウンドを防ぐ食事のメニューについて

せっかくダイエットがうまくいったのに、その直後にリバウンドするのはよく聞く話です。
リバウンドは、どんな人でも発生しうるものですが、毎日の献立を改善することでリバウンドを防ぐことが可能です。
ダイエットがうまくいくと、大抵の人が油断をしたり、これまで我慢した分の反動がきて、大量に食べてしまいがちです。
今、自分がどのくらいのカロリーを摂取したかをしっかり把握して、コントロールをすることがリバウンドを防ぐために必要です。
食事の量を減らし過ぎると、健康や美容に悪影響が出ますが、過食状態にならないように心がけることは大事です。
ダイエットを終えた後でも、カロリー摂取量や、栄養のバランスを考慮して、献立をつくることが大事です。
ダイエット効果を得ようとするのでなく、リバウンドを防ぎ、今の体重をキープしたいだけなら、ある程度の食事は許容されます。
重要なことは、一回の食事で摂取するカロリー量より、1日単位、数日単位でものを捉えることです。
カロリー摂取量を知ることは、不慣れなうちは手間がかかると感じやすいですが、継続すると手軽に実践できます。
体に必要な栄養素が枯渇しないよう、外食続きだった週は、他の日の食事で野菜や海草類を多めに摂るようにしていきましょう。
炭水化物の多い食事をした次の日は、糖質控え目の食事をするなど、自分でバランスを取りましょう。
献立を見直すことで、ちょうどいい食事の量にすることが可能です。
一つ一つの食材のカロリーに頭を悩まれるのではなく、おおよそを考えながら楽しんで食事をすることが、リバウンドを防ぐ鍵を握ります。


PAGE TOP

断食ダイエットについての情報が満載です。痩せられる秘密のことを関心のある方に、うれしい知識を配信します。
Copyright (C) 2018 断食ダイエットがこんなに簡単だとは知らなかった! All Rights Reserved.